744 : 本当にあった怖い名無し : 2007/03/10(土) 14:13:42 ID:
幽霊じゃないからここに来ました。聞いてください。

小学生の頃、両親共働きでカギッ子だった俺は学校から帰ると近所のおばーちゃんの家に入り浸っていた。血縁者ではないが一人暮らしのばーちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えている。

「ばーちゃんコレ見てや!新しいバイクやで」当時仮面ライダーが大好きだった俺は人形や本を持ち込んではかっこよさをバーちゃんに語っていた、
「ヨシ君は本当にバイクが好きなんやねぇ」
「俺もな、大きくなったら仮面ライダーみたいなバイク乗るんや」
「あら、素敵ねぇそしたらおばーちゃん後ろに乗せてね」
「ええけど仮面ライダーのバイクはな、めちゃめちゃ高いんや、俺の父ちゃんも買えんって言っとったから俺がバイク買ったときにはばーちゃんもうおらんかもなー」

今思うと酷い事を言ったと思うがバーちゃんは優しく俺にこんな提案をしてきた。
「じゃあヨシ君が早くにバイクを買えるように貯金箱にお金を貯めて行きましょ、おばーちゃんも一緒に乗りたいから貯めるの手伝ってあげる」
そう言うとバーちゃんは古くさい干支の「丑」と書かれた牛の貯金箱を取り出して来た、それからおれとバーちゃんは少しずつ小銭を貯める事になった。

ところが、それから暫くしておばーちゃんは息子夫婦と一緒に暮らす事になり俺の住む町からいなくなってしまったのだ。ばーちゃんからもらった牛の貯金箱も子供の俺はすぐに使ってしまい、そしてばーちゃんの存在すらもしだいに忘れて行ってしまった、

何年かして母伝いに老人ホームで亡くなった事を聞いたときも「ふーん」 の一言だった。

no title



【この記事の続きを読む】